占いは本当に助けとなりますがそれに頼り過ぎるのもあまり良くないものなのです

r-rain_1あなたの周りにもきっと居ると思います。占いの結果で人生を左右され続けている占いに依存している人が。朝から晩まで占いによって行動を決めているような生活をしていると、自分の意思で行動することが不安になってしまうので何かにつけて占いを頼るようになってしまう傾向にあります。

確かに自分の力ではどうしようもないこともあるかもしれませんが、占いはあくまで参考程度にとどめておくことが適度なのです。

信じることで生まれる安心感とそのとおりになったときの信頼感は占いを信じすぎてしまうことにつながってしまいます。自分で考えて行動することで、どうのような結果になっても納得のいく人生が遅れるというものなのではいでしょうか。

占いはそのうちに参考程度に利用するのがいいのです。信じすぎることほど自分をなくしてしまう危険をはらんでいることを認識することが大切です。

たとえば占いで誰かを犠牲にしなければあなたは運勢が悪くなりますといわれたらどうしますか?そのまま信じて犠牲を払いますか?そもそも占いの結果はいいものだけではありません。

そのような理不尽な結果になってしまうこともあるのです。しかしその場合に半分信じている程度で考えていれば、それほどのことが起こるかもしれないのだから気構えていなければと慎重に生活するでしょう。

その上で何かが起こったときに対処がすばやく出来るというものではありませんか。全く人の意見を受け入れることが出来ない人も問題かもしれませんが、すべてのことを人にゆだねている人はもっと大きな問題です。

信じることはいいことなのにその素直さを悪用して悪事に利用するようなことを考えてしまう人も居るということを認識しておきましょう。

案外自分よりも占い師の方が自分のことを知ってくれていたりする

皆さんは自分の性格についてご存じでしょうか。自分のことは自分が良く知っているという風に思われがちですが、自分から見た自分と他人から見た自分というのは往々にしてずれていることがあります。

自分が他人からどう見えているのかというのは意外とわからないものです。他人から見た自分がどういう風に見えているのかを知るには、他人に自分がどういう風に見えているのかを尋ねてみるといいです。

その他にも自分の性格を知る手掛かりになるのが性格診断です。それは選択肢のなかから自分に合っているものを選んでいくもので、診断結果を見ると思いがけない結果になっていることも多いでしょう。

占い師に本当の自分の事を教えてもらいましょう

診断を受けた結果自分の新たな一面を知る手掛かりにもなります。何かしら悩みが出てきたときにどのように解決しようとするかというと友人や親、専門家、占い師などに人生相談をするか、心理カウンセラーのカウンセリングを受けるというような方法が思いつくのではないでしょうか。

お金を払って人生相談やカウンセリングを受けるということであれば、手始めに性格診断を受けることがあります。性格診断の結果を受けて悩んでいることについて解決を図っていきます。

ここで気になるのは人生相談とカウンセリングはどう違うのかということです。前者の場合は悩んでいることについて具体的なアドバイスを行います。

占い師に相談するのが良い理由

解決策を他人に求めていると言ってもいいでしょう。それに対して、後者の場合はひたすら話を傾聴するだけで、具体的なアドバイスを与えるでもなく、その人自身に解決策を探し出すためのサポートをしています。

自分のこれからの人生にとってプラスとなるアドバイスが欲しいのであれば、占いサイトでの評価の高い占い 当たるサイトで占い師を選んで今後を占ってもらうと良いでしょう。

  • 7th 10月, 2014