栄町の風俗の業種には店舗型と無店舗型があるということを求人サイトで把握しておく

風俗を選ぶ時に、ちょっと知っておいてほしいことがあります。自身を守ることになりますので、職種を選ぶことと同時に理解しておきましょう。それは店舗型と無店舗型の違いです。風俗の求人に応募する初心者こそ、知っておいてほしい情報です。

■無店舗とは
ファッションヘルスやピンサロ、ソープといった風俗に代表される職種は必ず店舗で営業しています。その店舗営業をしていない風俗が無店舗営業といい、代表的な職種としてデリヘルになります。女の子を自宅や部屋に派遣する風俗です。店舗型の風俗店に規制が強くなり、それを避けることで生まれました。

また風俗店舗としてシャワーなどの設置がないことから必要経費が掛かりませんので、無店舗にすることに経営者にとってメリットがあります。新しく開業する風俗店の多くが、無店舗という実態が今の日本にはあります。

■考えられる想定
店舗型であれば、お客さんとのトラブルが生まれた場合、近くにいる男性スタッフに助けを求めることができます。性欲に飢えている男性というのは、時に狂暴になることがあります。突然襲われることもありますので店舗型で働くというのは、自分の身を守ることに繋がるでしょう。

しかしそれが無店舗となると、守ってもらうのは自分しかいません。すべての対応を自分ですることになりますので、特に初めての女性であれば為す術がないということも想定することができるでしょう。だからこそ店舗型であるのか?無店舗型であるのか?という判断は、初めて働く女性にとって大切なことになります。

女性を商売にしている場合、必ず起こり得る事態です。だからこそ真剣に考えておく必要があります。怖いと考えるのであれば、まずは店舗型の風俗求人に応募することをおすすめします。